自毛植毛の前にこちらをチェック!

自毛植毛はまだちょっと不安だ・・・という方は、無料お試し期間がある
増毛法を試されてみてはいかがでしょう。

カツラにない自毛感覚が話題のスヴェンソンなら料金が不明瞭な
増毛業界において、資料に料金体系が明記されているので、
安心して検討することができます。
また、しつこいセールスがなく、明快な料金体系が示されている点は
安心度が高いと評判です。

資料には体験者の声を集めたDVDが付属しているだけでなく、
育毛や発毛に関する役立つ最新情報が詰まってますので、基礎知識を
身につけるためにも、まずは、資料請求してみてはいかがでしょう。

⇒⇒⇒増毛ならスヴェンソン

ニードル式

ニードル式の自毛植毛は、韓国・国立慶北大学医学部のキム教授によって開発され、 1992年に「バンドル・ヘア・トランスプランテーション」として発表された自毛植毛法です。

ニードル式は、「東洋人は、肌が黄色く白い傷跡が目立ちやすい」また、「一つの毛穴から 生えている髪の本数が少ない」などの理由で、東洋人にあった植毛法といわれ 特に日本や韓国で普及してきました。

専用の注射器状植毛器の植毛針に毛穴単位で分割したグラフトをセットし、 穴開けと移植毛の挿入を同時に行います。
その際、セットする毛の本数や太さにに応じて、数種類の植毛針を使用します。

自毛植毛の種類〜ニードル式

移植する際にスリットを事前に作成する必要がなく、また グラフトを分割する際、毛根周囲の組織や頭皮を完全に取り除く などの点がスリット式と異なります。

ニードル式は、植毛針を使用し傷が残りにくく、植毛する際角度や方向が簡単に 調整できるため、繊細なヘアーデザインや自然な仕上りが期待できるなどのメリットがあります。

その一方、休止期に入って一旦抜けてしまった毛根は、 植毛器の構造上セットできず利用できない、また植毛後の定着までの時間が スリット式に比べて長く数日シャンプーできないなどのデメリットもあります。

また、使い捨ての植毛器はコストがかさみ、毛根周囲の組織や 頭皮を完全に取り除くという大変手間のかかる作業が伴う為、費用が 高くなる傾向があるという点も指摘されています。


自毛植毛の種類
スリット式 ニードル式 FUT 自動植毛機 マイクログラフト植毛
バンドル植毛 単一植毛 ミニグラフト植毛 パンチグラフト植毛