自毛植毛の前にこちらをチェック!

自毛植毛はまだちょっと不安だ・・・という方は、無料お試し期間がある
増毛法を試されてみてはいかがでしょう。

カツラにない自毛感覚が話題のスヴェンソンなら料金が不明瞭な
増毛業界において、資料に料金体系が明記されているので、
安心して検討することができます。
また、しつこいセールスがなく、明快な料金体系が示されている点は
安心度が高いと評判です。

資料には体験者の声を集めたDVDが付属しているだけでなく、
育毛や発毛に関する役立つ最新情報が詰まってますので、基礎知識を
身につけるためにも、まずは、資料請求してみてはいかがでしょう。

⇒⇒⇒増毛ならスヴェンソン

FUT

FUTとはFolliculer unit Transplantation(フォリキュラー・ユニット・トランスプランテーション)の略。

FUTは、ドナーを採取する際、マルチプレードナイフ(直線的に一定の間隔でカットする為、毛根へのダメージやロスが多い)を使わず、顕微鏡下で採取したドナーを1〜3本の毛髪が生えている毛穴単位(フォリキュラー・ユニット)に株分けし、メスでスリット(切れ目)をつくり移植する植毛法。
FUTは、顕微鏡下で採取したドナーを毛穴単位に株分けする植毛法
FU(フォリキュラー・ユニット)は、1〜4本の太い毛(日本人は殆ど1〜3本)、 1〜2本の産毛、皮脂腺、起立筋で構成された解剖学的単位です。

同じく1〜3本の毛髪を1株単位とするマイク・ログラフトは株の単なるサイズ分類で、 FUTの毛穴の解剖学的単位での分類とは異なります。

毛穴の解剖学的単位(FU)という概念は、1983年に発表され、 1995年以降、FUTは世界に広まり、現在では世界の9割以上の 植毛医が取り入れているといわれるほど普及しています。

FUTは、高密度で自然な仕上りが期待できますが、 株分けに時間がかかる、医師やスタッフの習熟が 仕上りに影響するなどの課題点もあります。

自毛植毛の種類
スリット式 ニードル式 FUT 自動植毛機 マイクログラフト
バンドル植毛 単一植毛 ミニグラフト パンチグラフト