自毛植毛の前にこちらをチェック!

自毛植毛はまだちょっと不安だ・・・という方は、無料お試し期間がある
増毛法を試されてみてはいかがでしょう。

カツラにない自毛感覚が話題のスヴェンソンなら料金が不明瞭な
増毛業界において、資料に料金体系が明記されているので、
安心して検討することができます。
また、しつこいセールスがなく、明快な料金体系が示されている点は
安心度が高いと評判です。

資料には体験者の声を集めたDVDが付属しているだけでなく、
育毛や発毛に関する役立つ最新情報が詰まってますので、基礎知識を
身につけるためにも、まずは、資料請求してみてはいかがでしょう。

⇒⇒⇒増毛ならスヴェンソン

歴史

自毛植毛の歴史 1959年、自毛植毛の概念を薄毛の治療法に応用し開発された、 米国の皮膚科医ノーマン・オレントリックのパンチ式植毛法(punch graft)が ノーマン法として、1990年初頭まで世界的に広く普及しました。

しかし、それ以前の1939年に日本の奥田庄二医師によって、 自毛植毛の概念が確立され発表されている事が、1970年、 ドイツの外科医フリードリッヒによって発見されました。

1975年にはフラップ法、1976年にはスカルプ・リダクションなどの技術が 登場しました。 特にフラップ法は、大量の毛髪を一気に移植できることが話題になり、 1980年代には様々な術式が開発されましたが、難易度が高く傷あとが残るなどの 問題が指摘され、次第に行われなくなりました。

1990年以降、20〜30本の頭髪が束になって切り株状に生えてくる 不自然さが難点だったパンチグラフトにかわり、自毛植毛はより自然な仕上りを求め、 ミニ・グラフト、マイクロ・グラフト植毛や1992年のChoi式植毛術、1990年代後半のフォリキュラー・ユニット・トランスプランテーション(FUT)など、より小さな単位での様々な移植法が研究、開発されてきました。

1993年、アメリカで国際毛髪外科学会が開催されて以来、 自毛植毛技術は、世界的な注目を集め進化をとげています。

植毛先進国アメリカでは、既に年間100万人近くの施術が行われる程、自毛植毛は普及しています。

自毛植毛って何?
自毛植毛とは メリット デメリット
手術方法 安全性 副作用
術後の注意点 自毛植毛の発毛過程 達成可能な毛髪密度
自毛植毛の手術回数 カウンセリングについて 料金
自毛植毛の歴史 クリニック選びのポイント