自毛植毛の前にこちらをチェック!

自毛植毛はまだちょっと不安だ・・・という方は、無料お試し期間がある
増毛法を試されてみてはいかがでしょう。

カツラにない自毛感覚が話題のスヴェンソンなら料金が不明瞭な
増毛業界において、資料に料金体系が明記されているので、
安心して検討することができます。
また、しつこいセールスがなく、明快な料金体系が示されている点は
安心度が高いと評判です。

資料には体験者の声を集めたDVDが付属しているだけでなく、
育毛や発毛に関する役立つ最新情報が詰まってますので、基礎知識を
身につけるためにも、まずは、資料請求してみてはいかがでしょう。

⇒⇒⇒増毛ならスヴェンソン

デメリット

医師の技量に仕上りが左右される
歴史の浅い、日本の自毛植毛においては、術式
医師の経験、技量によって、頭皮に痕が残ったり(ピットスカーなど)、
不自然な生え際になっていまうなどの心配があります。
(ピットスカーとは、スリットと株のサイズがあわないときに起こりやすく、 移植した頭皮部分がへこんだ状態になってしまうこと)

自毛植毛のトラブルや問題点

ショックロスの可能性
術後1〜2ヶ月後に既存のヘアーが脱毛してしまう
ショックロス(休止期脱毛)という現象が起こる可能性(20%程度)もあります。
(ショックロスは、スリットを作ることが、その周辺の血行などに影響して 一時的に髪が休止期入るために起こる現象といわれています)

ショックロスでは、一時脱毛が殆どで、3〜4ヶ月後に生えてくる場合が多いと 言われていますが、細く弱い髪が脱毛した場合は、永久脱毛になってしまうこともあり ますので、あまり薄毛の進行していない部分には植毛を行わないなどのショックロス対策も 考慮に入れる必要がありそうです。

ちなみに植毛針を使用する、単一植毛などのスリットの小さな植毛法の場合は、 ショックロスは、ほとんど起こらないようです。

自毛の全体量がある程度必要
デメリットとはいえませんが、カツラと違い、自分の後頭部や側頭部の髪の毛で、自身の不足部分を カバーする自毛植毛においては、広範囲に薄毛が進行していて、そもそも全体の 毛髪が少ない場合、移植本数に限界があり、自毛植毛できないという欠点もあります。

治療が行える残存頭髪本数の目安は、だいたい頭髪全体の4分の3〜3分の2 とも言われています。

自毛植毛って何?
自毛植毛とは メリット デメリット
手術方法 安全性 副作用
術後の注意点 術後の発毛過程 達成可能な毛髪密度
手術回数 カウンセリングについて 料金
歴史 クリニック選びのポイント